カテゴリ: 病気やケガのこと

ボクちゃんにそっくりとわが家で評判のぬいぐるみ。
3
▲お腹が冷えないように腹巻してます
5
▲ボクのほうが優しい顔だよ
2
▲じろうのえりまき、腹巻にしてない??

じろうにいさん、数年前に首の腫瘍を摘出し、しばらくバンテージをまいて暮らしました。良性腫瘍かつ位置もよろしかったので、手術は日帰り入院の簡単コース。経過も良好です。
 

 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

数えで12歳、実は悪性リンパ種という大病を抱えています。
d
▲ちょっとネ、大儀である

2010年の年末に余命数ヵ月を宣告されたものの、奇跡的に持ち直し今に至ります。
誰とでもなかよしの、みんなの兄(弟)さん。
※昔は最年少メンバーだった。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

保護した当初は頻発していたてんかんの発作が、2年前の11月8日を最後に止まりました。飲み続けているお薬のおかげだと思っています。今日で発作のない生活、丸2年です。
d
▲大変だったころ

これからもみんなに可愛がられようね、ボクちゃん。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

 

保護した時から足に大きな怪我があり、全然治らなかったボクちゃん。怪我のいきさつは分かりませんが、ケロイド?状になっていて皮膚に再生する力もたいしてないようでした。
1
▲1年半以上もエリザベスを

生活の質がダダ落ちするエリザベスからなんとか脱却させたく、いろいろと試行錯誤した結果、革で作った足カバーに落ち着きました。
IMG_2697
▲事故にでもあったのか足首から先も変形しています

革の縁が柔らかい皮膚を傷つけないよう、フェルトを貼りました。(既にボロボロ…)

IMG_2193
▲エリザベスとれて甘え放題

今のところ問題なく良いかんじで運用できています。よかったね、ボクちゃん。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

足のケガを守るために1年半以上エリザベスを続けたボクちゃん。患部が足の先だったため、一般的な猫用サイズではお口が届いてしまいます。人間側の試行錯誤の変遷です。

576012244
▲とりあえずじろう兄さんのお古、猫用サイズ

a
▲視界のクリアなタイプの猫用サイズ。あれ…、もしやお口届いてる?

aa
▲継ぎ足しでなんとか。「……ごはん食べにくい」

e
▲中型犬用の首回りサイズを小さく改造。これがいちばんフィットしました

f
 ▲解放記念日

エリザベスがとれたその日、ひとりで本棚のいちばん上までいそいそと登り(それまでは登れませんでした) 、ゆったりくつろいだのでした。

お疲れ、ボクちゃん!ちなみに今でも患部はお手製足カバーで保護しています。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

お薬の時間を忘れないよう、注意喚起の自作ポスターを目につくところに貼っています。
aaaa
▲大切なボクちゃんの健康を守るため、規則正しい投薬をこころがけましょう。

今は1日1回というスケジュールなのであまり間違いなどおこりませんが、減薬の取り組み上、この間隔が不規則になったりするので、投薬チェック表で管理します。
bbbb
▲玄関に貼ります。さすがに家から出ない日はないので必ず見るのです。

がんばれボクちゃん。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

↑このページのトップヘ