2015年08月

写真では伝わりませんが、そこそこ降っています。
11
▲雨なんか気にしないで(いやむしろいつも以上に)れっつごー
33
▲はやくはやくーー
44
▲ひょひょー
22
▲ギュ――ン
13
▲パカラッパカラッ
55
▲余裕でキャーッチ!
66
▲まだまだ遊ぶよーーーー!

雨の日はテルにとって特別な日。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

「ピンポーン、ヤマトウンユデース」はプレゼントの予感。
1
▲テルのものきたかな!?(玄関凝視)
2
▲今日はこれが届いたよ

プレゼント気分を楽しむために、まとめ買いせずにあれこれ小分けで買ってます。(なんだかエコじゃありませんが…)


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものです(彼岸はだいぶ先でした)。急に涼しくなって昼間からお散歩できるようになりました。
a
▲この道好き

霊園の中の一本道です。いったりきたり。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

通りすがりのご婦人から、「なんて小股の切れ上がったワンちゃん!」とお声掛けいただきました。

ところで「小股の切れ上がり」って何でしょう。
1
▲ここの角度とか関係あるのかな

調べてみました。
 小股の切れ上がったとは、江戸時代ころの女性のスタイルの良さを表現した言葉。小(ちょっとばかり)股が切れ上がった(股が上の方まで切れた)と、危険な香りのする表現だが、要するに「少し脚が長い」、つまりスタイルがよいということ。またこの言葉は、そんな「小股の切れ上がった」スタイルを持つ江戸の女性の、情は厚いがしつこさはなく、明るくさばけた性格の比喩としても用いられる。小股の切れ上がったスタイルとさばけた性格に何の関係があるのかとお疑いの向きは、宝塚歌劇団の男役女優をイメージするとよかろうかと思われる。(CAS)
「女性のスタイルの良さ」
 11
▲男の子だよ

 「『少し脚が長い』、つまりスタイルがよいということ」
 2
▲まぁそれほどでも~

「情は厚いがしつこさはなく、明るくさばけた性格」
6
 ▲時にはじっとりとしつこいんだよね

 「宝塚歌劇団の男役女優をイメージ」
s
▲何いってるんだか全然わからない
 
テルくん、歌って踊れそうな犬なのかな…。


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

通り雨がサッとふるだけで、ずいぶん過ごしやすく、散歩しやすくなりますね。
rr
▲テルテル坊主にめぐみの雨だね


 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

涼しいので、久しぶりに広場に来ることができました。
1
▲ヤッホー!ぅぇーーーーーい!
2
▲しばらく来ないうちにずいぶん茂ったねぇ
3
▲草に埋もれているよ

テルくーん、どこにいるのー?
4
▲ここだよ、ここだよ……
 

 にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
 

↑このページのトップヘ